img

賃貸事務所を移転する時に取るべきアクションが沢山ありますね

賃貸事務所を移転する時に取るべきアクションが沢山ありますね。移転の前に、これまでのオフィスの不満だった点を洗い直し、新しい職場で改善できるようにするのが良いですね。また、これまでのオフィス契約の契約解除から、新事務所の物件探し、レイアウトや内装の設計依頼など、多方面とのやりとりが必要になります。地域をまたぐ移転の場合、賃貸に関する取引習慣が違う地域もありえますので、それについてもリサーチしておきましょう。なるべく早めに予定を組んで、首尾良い移転を目指しましょう。

img事務所を探す際に見落としがちなのが、セキュリティの問題でしょう。会社というのは休日など誰もいない時間が外部にもすぐに分かるため、ターゲットにされやすい傾向があります。しかも、これから社外秘のクライアントとのやりとりやPC機器などが沢山を管理していかなければならず、もしもの事態があれば社会的信用に関わる問題で、データを取り戻すための費用面での損失も深刻です。絶対に安全なセキュリティの設置されたビルか、そうでなければ自己負担で導入可能かを確認しましょう。

事務所の長所は、内装を使いやすいように変更できるという点でしょう。工事コストはかかりますが、企業イメージや社員の業務スタイルを元にして内装レイアウトを作ることができます。また一方では、居抜き物件で手を加えずに使えそうな内装の事務所を選んだら、内装工事抜きで事務所として使用できます。このケースだと高い改装が省略できるので、大変なコスト削減ができるのです。その他のやり方として、賃料は若干割高ですが、スポットでの使用ならレンタルスペースで乗り切るという方法も手軽でおすすめです。

事務所を借りる時に交通アクセスを調査しておくことがとても肝心のポイントです。その理由は、向後事業を行うにあたって交通アクセスが良いということは、来客者にも、ここで働く従業員にとっても好条件といえるからです。来客者にとってはもちろんですが、社員にしてみても通勤時間が多いとその分通勤の拘束時間がストレスになりますし、アクセスの良い事務所であればあるほど有能なマンパワーが集まりやすいと言えます。これらを理解して、賃料の金額も考えて事務所を見つけましょう。

更新履歴

2013.11.1
»サイトをアップしました。